チアシードとキヌア

【このページ内の記事】


 

ダイエットに効果があるチアシードのレシピ

 

最近口コミでよく聞くのが果実などの種や穀物を使った日々のレシピのドリンクや食べ物です。 例えばチアシードやキヌアはその代表的なものだといえるでしょう。

 

ではこの2つを比較して何かということですが、チアシードはシードとついている通り、植物の種です。 チアは主にメキシコなどの中南米で栽培されている果実の種で、ダイエットで痩せる効果ではなくはるか昔から他の穀物や水を加えた食べ方のスーパーフードになるのです。

 

水とチアシードさえあれば、満腹感で人はなんとか生きていけるとさえも諸説言われているほど栄養の効能が非常に高いです。 とくに多く含まれている栄養価はオメガ3脂肪酸がサーモンの8倍、カルシウムが牛乳の6倍、鉄分はほうれんそうの3倍、そしてマグネシウムがブロッコリーの15倍でダイエットにもなっており、かなり素材として向いています。 サルバチアと呼ばれる白いチアシードが特に話題です。

 

見た目の特徴は見た目は黒いゴマのようなのに水を加えると、これが流動食のゼリーのようになってプニプニした状態に変化しなることです。 この食感はキヌアやタピオカに似てレシピでも重宝されています。

 

このように食べ方を比較しても見た目はキヌアと同様に、味や見た目が少しゴマっぽくても普通のゴマがすらなければ栄養を十分に吸収できないと口コミでいわれているのとは違い、チアシードはすらなくても殻のままで十分に栄養価を吸収する効果ができるといわれています。

 

芸能人モデル愛用!TV紹介の歯を白くする歯磨き粉|自宅でできる方法

 

キヌアとチアシードは似ているけど違う

 

スーパーフードのキヌアは南米のアンデス山脈の高地アルティプラーノで数千年も前から農民により栽培されているレシピがあるような擬似穀物です。

 

トウモロコシやキビ、アワ、ヒエなどと同じく雑穀の一つになります。 ただ植物としてはアカザやほうれん草が近縁です。

 

芸能人や歌手やタレントやモデルがダイエットで使用し痩せる効果と話題のチアシードと同じくこちらも非常に栄養価が高く便秘に効くことで知られています。 キヌアや精白米と比較してもタンパク質が2倍、良質な脂質が5倍、食物繊維が8倍、更にカリウムが6倍、そしてマグネシウムとリンが7倍、鉄分が8倍という数字もあります。

 

ダイエットをする際のチアシードのメリット

 

キヌアとこの2つで共通しているのが栄養が高いのに口コミでの満腹感が高くダイエットにぴったりの簡単レシピの食べ方であるという点です。

 

チアシードは水分を含むとかなり膨らむのでこれを含んでいるものの食べ方であれば、それほど量を食べずともおなかがいっぱいになります。 液体のドリンクとして販売されていますからそちらを購入してもいいです。 痩せる効果には上手にトッピングとして使ったり野菜やフルーツのスムージーにあわせたり、プリンにしてデザートとして食べるのもありです。

 

その時にはたっぷりのフルーツを乗せる食べ方がオススメです。チョコレートプリンにしてもキヌアも合います。

 

いちごジャムに混ぜ合わせれば朝食などにトーストにつけて様々なレシピで毎日食べられます。ワッフルやヨーグルトにかけてもおいしいです。

 

ヨーグルトケーキ、ホットケーキ、ビスケットに入れても栄養の効能が抜群のおやつが作れます。 キヌアは地元の南米ではスープなどに入れて飲んだり、粉にしてパンに混ぜ合わせたりした食べ方です。

 

日本では雑穀米などに混ぜ合わせられていることが多いのでごはんとしてダイエットのレシピだけでなく毎日痩せる事を目的とせずに摂取することもできます。 海外ではパスタやチョコレートにも配合されて製造されています。

 

現在キヌアは開発途上国の人々を栄養失調から救うことができる効果を秘めているとしてスピルリナのように口コミで注目をされています。

 

副作用はチアシードにはあるのか?

 

この2つの比較の違いというのはなんなのでしょうか。 料理本のレシピは栄養素からチアシード(サルバチア)の1日に推奨されている摂取量である15gの場合として両方を比較してみますと、痩せるにはキヌアの食べ方のほうがカロリーは約2キロカロリーほど低いです。

 

しかし全体的に比べてみるとスーパーフードのチアシードのほうがキヌアよりも食物繊維や多くの栄養の効能において数値が高いことがわかります。 例えば大きな差が認められるのがオメガ3ALAとオメガ6ALAの脂肪酸です。

 

オメガ3が2g、オメガ6は1g以上の差をつけてチアシードのほうが多いのです。 逆にリンやグルテンはこの素材には含まれていませんのでレシピを考えるときは注意しましょう。

 

そしてそれぞれを購入する場合の価格はどちらが安いかという点ではキヌアのほうが比較すると安いとの口コミです。 ショップによっても多少の差はあるものの、安いところでは1000円以上の差があります。

 

ただ栄養素もそれぞれですから、自分がどのような効果を望むのかということを考えた上でどちらにするか、あるいは両方を食べるか選択するのがダイエットの際もオススメです。 そしてこの2つは例にもあげたように調理の仕方も違うのです。

 

チアシードはどちらかといえば水分を加えてヨーグルトやココナッツウォーターなどに入れる食べ方もでき、痩せるというよりはどちらかといえばドリンクやデザートなどに使いやすいです。 そしてキヌアは穀物ということもあってお米と炊いたり、サラダやグラノーラに入れることが多いです。

 

その他で違うことといえば、その大きさでしょう。 チアシードはまさにゴマくらいの大きさしかありませんが、キヌアはお米粒くらいはあります。

 

美味しくできるチアシードやキヌアのおすすめレシピ

 

満腹感が得られるスーパーフードによるダイエットの効果でも注目されているチアシードにはブラックとホワイトがあるのをご存知でしょうか。 ブラックが通常のもので、ホワイトはそのブラックの中に少しだけ混ざっていることがあるものです。

 

そしてこの少ししかないホワイト同士を何度も掛け合わせて品種改良されたものがホワイトとして販売されているのです。 そして膨張率が10倍のブラックに比べてホワイトのほうが膨張率は14倍と高いですからおなかを膨らませたいレシピが欲しいという方はホワイトを購入しておいたほうが少量でもおなかいっぱいにすることはできます。

 

とはいえ、食物繊維の栄養価に関しましては両方ともほとんど変わりません。 痩せるかどうかはホワイトのほうが若干カロリーとマグネシウムがキヌアより比較して多いということはあります。

 

肝心の価格の差においてはブラックもホワイトもどっちもほぼ同じくらいで差がありません。 ですから膨張率が高くて栄養も変わらないという意味ではホワイトのほうがコストパフォーマンスは良いといえるでしょう。

 

ダイエット効果をしたいという方はコスパの良いホワイトを食べ方のレシピのためにもチアシードを購入するのも良いとの口コミです。 あとはどんな料理に使いたいかによっても、痩せる比較しながらどっちかを使い分けるようにすることもできます。

 

例えばドリンクなどはホワイトのほうが粒の色が目立ちませんから、副作用もなく見た目的には飲みやすいです。 しかしプリンなどを作る場合はあえてブラックを使ったほうがオシャレに見えることもあります。

 

チアに関してはパウダータイプもありますが、パウダーにするまでの過程によってはせっかくの高い栄養の効能が壊れてしまっている可能性もあります。 パウダーを購入するならその辺りもしっかりとどっちも美味しいレシピを作るためにはチェックしておくほうがキヌアも良いです。

 

健康にも痩せるダイエットにも良い効果をもたらすといわれているこの2つのパーフェクトフードを利用してみましょう。

 

一カ月は効果を計測しましょう

 

食べた後の効果の前に、まず細かい情報としてはシソ科ミント系サルビア属の植物で、見た目は黒ごまのような形をしています。 主にメキシコなどの中南米で栽培されており、キヌアは現地では古くから利用されてきたポピュラーな食材となっています。

 

チアシードと水さえあれば食べ方次第では活きられるといわれるほど栄養価が高く、大さじ1杯の分量で、食物繊維4.1g(レタス300g分)カルシウム76mg(牛乳100ml分)亜鉛0.55g(アーモンドと同程度)など様々な栄養が含まれています。

 

基本的にオメガ3脂肪酸というものの含有量が自然界でトップともいわれており、血流改善、生活習慣病予防、アンチエイジング、脂肪燃焼などの痩せる効果が期待できます。 オメガ3脂肪酸には、活性酸素を除去する働きがあり、副作用なしで老化を食い止めたり肌を保湿したりしてくれるとの口コミです。

 

さらに、9種類の必須アミノ酸のうち8種類が含まれています。 必須アミノ酸は体内で作ることができないので、食べ物から取り入れなくてはいけません。

 

その必須アミノ酸が豊富に含まれているという植物は、実はあまりなく、昔からレシピとして「奇跡の食材」とも言われています。 意味のあるダイエット効果について具体的に見ていくと、まず満腹感が得られ、腹持ちが良いということが挙げられます。

 

チアシードやサルバチアは、水と混ぜると15倍以上にも膨らむスーパーフードです。 つまり、大さじ1杯の種子が水を含むと、大さじ15杯以上の嵩になり、そのカロリーはたったの58Kcalという栄養で痩せることができます。

 

比較して、キヌアも食物繊維も多く含まれているので、ダイエット中におきがちな便秘を解消してくれることにも役立ちます。 便秘は、その他にも肌荒れや大腸がんなどにも繋がるとの口コミですので、これらを予防することにも一役かってくれます。

 

ただし、1日の摂取基準量は大さじ1杯とされていますので、それ以上摂取しないように注意してください。 優れた健康サポートをもつ素材ですが、副作用なく効果を得るにはレシピを研究し正しい食べ方を理解しておく必要があります。

 

まず大切なことは、水分を吸収させふやかしてから食べるということです。 乾燥した状態で食べてしまうと、お腹の中で水分を吸収してしまうので、胃の中の水分を吸収してしまいます。

 

また、水分を吸収させてから食べると、グルコマンナンと呼ばれる透明なゼリー状のものが種の周りに出来るので、便秘解消や糖・コレステロールの吸収を抑える働きが比較的に期待できるのですが、そのまま食べると、透明なゼリー状のものができないので、これらの効果が期待できなくなります。 また、40度以上のお湯につけると、効果で成分が壊れてしまいますのでチアシードよりも注意が必要です。

 

パンケーキに入れたりヨーグルトにかけたりして食べても問題はありませんが、ダイエット目的で利用するのであれば、入れるもののカロリーにも注意が必要です。 おすすめの痩せる食べ方としては、キヌアを効果のあるスムージーに入れるという方法があります。

 

水分も含まれていますし、加熱の必要もありません。 レシピは他の食材と組み合わせることで、さらに栄養バランスが良くなりますし、効果は水に溶かして飲むだけでよりグッと味も良くなります。

 

スーパーフードとは?話題になっている理由

 

簡単に説明すると、流行のスーパーフードとはダイエットの先進国であるアメリカやヨーロッパなどを中心に口コミで流行している、低カロリーなのに栄養価の高い食べ方を言います。

 

ココでも紹介している、チアシードもその中の一つで、驚くのがチョコレートで良く見るカカオや、ココナッツなども太りそうに感じますが、実はこのスーパーフードに含まれます。

 

また、キヌアやクコ、麻やスピルリナなどがその代表とされています。

 

現状では、これらが知名度的にも日本でも浸透してきていますが、今後もダイエット文化の中でどんどんと流行が登場しそうです。

 

特にセレブや芸能人などに弱い国民性がある我が国では、テレビ番組で食べ方が特集されれば女性があっという間に飛びつくでしょう。

 

実際に言えば、チアシードも特に何の意味も理由もわからないまま、なんとなくお洒落なセレブが紹介したから食べているという若い層もいます。

 

逆にメーカー側が流行させたいワードが今後もブログなどで登場してくるでしょう。

 

キヌアなどのスーパーフードのレシピがずっと、将来的にも忘れられないかと言えば、それは微妙で次から次へと出てくる新たなものでかき消されていってしまうでしょう。

 

それくらい、一過性の物になってしまいがちですが、やはり医学的にも良いとされている研究のレポートもありますので、これから普段の生活に積極的にスーパーフードを取り入れていくようにしましょう。