チアシード バジルシード

違う部分と似ている所を調査

 

比較するとバジルシードは原料の植物が違いますが、種子の形や色はそっくりです。 両方ともにシソ科の植物で、名前の通りで、ハーブの王様としてふさわしい芳香があります。 見た目はそっくりであっても、チアシードとは実際には異なる部分もあります。

 

吸水率はバジルシードのほうが高いために、水分を吸うとカエルの卵のような形になります。 カロリーは後者のほうが高いですから、非常食や補給食としても適しています。

 

ダイエット用として利用するためには、カロリーが低いバジルシードのほうがチアシードより優秀だと言えます。 大量に食べない分には、どちらを利用しても健康や美容を損なう心配はありません。

 

バジルシードとキヌアには、オメガ3脂肪酸がとても多く含まれていますが違います。 青魚から摂取すると良いとされるオメガ3が含まれる貴重な植物として、多くの世代から注目されています。 両方に含まれるのはαリノレン酸であり、血液をサラサラにさせるために有効です。

 

欧米型の食生活が定着している現代においては、オメガ3が豊富に含まれる植物は欠かせないような食材です。 両方の種子には食物繊維も大量に含まれ、便秘予防のために大いに役立ちます。 やはり、種類はチアシードから食物繊維を吸収すれば、糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の上昇も安定させることができます。

 

バジルシードの場合においても、食物繊維の働きで整腸作用を促進できます。 どちらの種子も食物繊維が豊富ですが、1粒ごとのカロリーの違いがあるために、たっぷりと食べたい場合にはチアシードよりも、これはバジルシードのほうが実際には勝っていると言えます。 これはカロリーの許容範囲であれば、どちらを食べても健康的ですから、ここでキヌアと一緒に好みで選んでも問題ありません。

 

カロリーが平均より多いといっても、この食物にはスプーン1杯分だけでも相当な量の栄養が凝縮されています。 少量を食べるだけで1日に必要な栄養の多くを摂取できるのですから、チアシードは現代人にとって女性のダイエットには強いサポートしてくれる心強い味方となります。

 

料理で使う場合には、どちらを使ったほうが良いかは比較して好みによって、ここでは大きく分かれます。 バジルシードのほうがよく膨らむため、タピオカの食感に特に近くなります。

 

どちらを使うにしても、独特なゼリー状の食感は同じです。 果物のスムージーとの相性が良くて、ダイエット時でもチアシードをスーパーのヨーグルトと混ぜても美味しくなります。

 

キヌアのような他の素材の味を邪魔することはなく、脇役としても大活躍してくれます。 バジルシードは新しい食べ物のように思われがちですが、日本では300年前の江戸時代から使われてきた歴史があります。 和名はメボウキということからも分かるように、目に入った異物を取り除くために使われていました。

 

最近ではイタリア料理の食材としてもお馴染みですが、種子を使うことは極めて稀でした。 チアシードよりも比較すると手に入りやすいですから、種子のほうの需要が伸びることが期待できます。

 

どちらともに種子となる食べ物ですから、子孫を残すために栄養が豊富になっているのは自然の摂理です。 保存食としても美容食としても限りなく役立つもので、バジルシードの料理法の研究も進むことが期待できます。