チアシード カロリー

注してカロリー計算をしましょう

 

歴史の背景的には中南米の地域で古くから愛用されるカロリーも豊富なチアという植物の種子で、滋養成分の宝庫として糖質がないチアシードは注目されています。 種子は胡麻よりも小さめであり、イチゴの種の大きさによく似ています。

 

水を含むとゼラチン状になる特性があるために、タピオカに似た食感があると言われます。 カロリーと栄養が豊富ですから、厳しい中南米の人々にとってはチアシードは飢饉から救ってくれる食料でもありました。 比較しているキヌア同様にダイエット目的で食べる場合でも、特別に大量に食べなければカロリーが過多になる心配はありません。

 

この食物が注目されている背景には、オメガ3脂肪酸が含まれていることも影響しています。 α-リノレン酸は不飽和脂肪酸にも分類されて、血液をサラサラにさせる成分として有名です。

 

オメガ3脂肪酸は青魚に多い成分として有名ですが、植物にも含まれていることで注目されています。 こういったチアシードのような純粋な植物に含まれることで、骨がある魚が苦手な人にとっても朗報となりました。

 

この植物に含まれるオメガ3の量は、魚介類を明らかに凌駕するものですから、魚の消費カロリーが減っている時代には救世主になる食材です。

 

ゼリー状の食感になるこの成分は、果物との相性が特に素晴らしい糖質抜きの食材です。 このようにキウイフルーツと一緒に合わせたり、イチゴにかけて食べてもチアシードは美味しくなります。

 

タピオカのような歯ごたえは親しみやすく、何度食べても飽きないだけの美味しさがあります。 これがクセがなくて食べやすいことも人気の秘密であり、火を通さなくても食べられるために非常食としてもかなりこれは適しています。 和菓子の材料としても使うことで、小豆や寒天とチアシードの相性を楽しむことができます。

 

この素材はカロリーも十分に含む食品ですから、少量でも十分な栄養を摂取できる種類の身近な食べ物です。 カルシウムの量は市販の牛乳を大きく上回るものですから、丈夫な骨を作るためにも有益です。

 

植物性の鉄分の量も多いため、チアシードは造血を促進させるためにも有効となります。 スパイスに使う胡麻によく似ていると言われますが、殻の部分を潰さなくても栄養が吸収されやすいのもキヌアと比較しての一番の特徴です。 簡単に水で戻して食べるだけでも栄養がカロリーとして吸収されるのですから、忙しい人にとっても便利な食べ物です。

 

一般的には食物繊維も非常に多く含まれていますから、便秘の予防のためにも最適です。 ゼリー状になることで、ヨーグルトとの相性も抜群です。

 

ヨーグルトにチアシードを入れて、さらにハチミツも混ぜれば食物繊維やオリゴ糖などの成分が豊富となり、そして整腸作用が活発になります。 慢性的な便秘で困っている場合には、朝の時間にこの植物を入れた果物ジュースを飲むこともおすすめです。

 

青汁や野菜ジュースに入れても栄養が凝縮して、栄養不足を簡単に解消できるタイプの糖質抜きドリンクになります。

 

チアシードの摂取カロリーはキヌアよりも比較しても高めではありますが、栄養が凝縮していることの証拠でもあります。 主食として食べるわけではありませんから、スムージーの材料として使う分には太る心配はありません。

 

カロリーは過度に気にせずに、万能的に豊富な栄養を摂取したほうが健康のためになります。