チアシード ドリンク

毎朝ドリンクでフレッシュに

 

南の島ハワイでもミラクルシードと呼ばれるほど高い栄養価と健康効果を持つ種子で、海外のセレブやモデルもドリンクとして愛用しているということで年々日本でもチアシードのレシピとして人気が高まりつつある通販の食品です。

 

市販されているチアシードは南米が原産地で、古代ではこの植物を食べさえすればすべての栄養が補えるとさえ信じられたほど栄養価が比較的に高いという特徴があります。 実際にどのような栄養が含まれているかというと、たんぱく質やカルシウム、鉄分など多種に渡ります。

 

中でもドリンクで最も注目されている栄養素がオメガ3脂肪酸です。 オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸の一種で、体内では作り出すことができないものであるため、キヌアのような食物からの摂取が必須となる脂肪酸です。

 

チアシードのオメガ3脂肪酸は血液の流れをサラサラにして動脈硬化や高血圧を予防したり、またドリンクでも高い抗酸化作用によりアンチエイジング効果を発揮し、食生活が乱れがちでストレスの多い現代人にとっては救世主的な栄養成分と言えます。

 

レシピの用量はに大さじ1杯にはなんと約2グラムものオメガ3脂肪酸が含まれており、これは自然界に存在する食物の中で比較するとトップクラスの含有量と言われています。

 

またハワイでも最大の特徴が水に入れると膨らみ、ゼリー状になるという性質です。 これはチアシードが持つグルコマンナンという成分のためで、水に1時間ほど浸けておくと15倍以上にも膨張して水をとろっとしたゼリーのような液体へとここから変化させます。

 

このような性質から、この植物は液体のドリンクに混ぜて摂取することで美容、健康増進効果のみならずキヌアと並んで太めの方のダイエット効果までをももたらすとされています。 このように、とろみのあるドリンクは満腹感を直後に与えますので、これは飲むだけで食欲が抑えられるのです。

 

とろみのもとであるグルコマンナンは食物繊維の一種であり、便通を改善させる効果が比較してあります。 これがデトックスによってさらにダイエットが高まります。 素材は特にくせのある味などはありませんので、どのようなドリンクにもチアシードは多く混ぜることができます。

 

ジュースや市販の牛乳に混ぜたり、あるいは通販のスムージーを作る際に混ぜても美味しくいただくことができます。 やはり、種子は水に浸けてから1時間くらい経つととろみが強くなり、また2時間くらい経過するとしっかりとしたゼリー状へとここからまた変化します。

 

乾燥したままの状態のチアシードでも胃腸の中である程度、量によって膨らみますので満腹感を感じることはできますが、これは比較しても飲みやすさを考えるのならば時間を置いてとろみが出たタイミングで飲むことをおすすめします。 また、ドリンク以外にもレシピではヨーグルトなどに混ぜて食べるという方法もあります。

 

ヨーグルトはもともととろみのある食品ですのでドリンクに適量を混ぜた時のような見た目の劇的な変化はありません。 メディアで人気のチアシードのプチプチとした食感が加わって満腹感を感じやすくなります。 これはキヌアと同じで豊富な栄養素を含む素材はただ痩せるだけではなく痩せながら美しく健康になりたいという願いを叶える食べ物です。 これは健康的なダイエットをしたいという人は通販でぜひ食生活に取り入れてみてはどうでしょうか。