キヌア サラダ

サラダに隠し味としてキヌアを加える

 

最近ではサラダのレシピのトッピングにも使用されるキヌアとはアカザ科に属する植物であり、アンデス高地において植物として栽培されています。 流行のコストコの味もインカ時代から愛用される代表的な栄養素であり、アンデス地域においては貴重な食糧となってきました。

 

各種の栄養は米や麦などの他の種類よりも多いため、サラダやドレッシングの材料として使うことも好まれています。 キヌアは乾燥した土壌でも育ちやすい特性のために、飢餓を救う素材として重宝されてきました。 主食として極めて優秀な栄養を含み、比較して腹持ちが良いことも特徴となっています。

 

キヌアは植物性の食材ではありますが、チアシードよりもタンパク質が非常に豊富な特性も持っています。 厳しいアンデス高地で育つだけあって、肉にも劣らないほどにサラダには栄養が豊富となるわけです。 各種の必須アミノ酸がバランスよく含まれることで、総合的な栄養食となります。

 

ドレッシングなしのサラダに加えることで、他の野菜に不足しているビタミンやミネラルも補うことができます。 米の代わりとしても遜色がなく、食味の良さも魅力となるレシピの食材です。 これが香味のあるドレッシングとの相性も良いですから、料理の美味しさを引き立てる効果が高い素材となります。

 

キヌアの魅力として、カロリーが低くて食物繊維が豊富なことも重要です。 これは意味のあるダイエットのためにも有用なことは、ここで豊富な栄養からもこれは見ればすぐに明らかです。

 

ダイエット中に不足しがちとなるカルシウムやマグネシウムも多いですから、野菜のサラダだけでなく痩せながら丈夫な体を作るために役立ちます。 食物繊維が豊富なことによって、糖質の吸収の割合を緩やかにさせたり、更に便秘を解消する働きもあります。

 

毎日のようにキヌアを食べていれば、便秘とは無縁の健康状態になります。 こういった最近の食物繊維不足は非常に深刻ですが、白米に混ぜて炊くだけでも大幅に摂取量を増やせます。

 

玄米は食物繊維が多い成分の代表とされていますが、チアシードよりキヌアのほうが比較すると含有量が多いことが分かっています。 玄米よりも優れた栄養がありながらも、サラダとしても使える応用性があるのはかなり便利です。

 

玄米であれば炊飯するために長い時間が必要ですが、キヌアは15分ほどの時間で鍋で茹でるだけでも調理が可能な植物です。 茹でることで量も数倍に増えて、満腹感が得やすいような状態になります。 温かい状態のままでドレッシングをかければ、素材本来の旨みも引き出すことができます。

 

レシピの比較でキヌアの優れている要素として、コストコのサラダで血液サラサラ成分のオメガ3脂肪酸が多いことも注目されます。 オメガ3の不足は生活習慣病の原因となるためです。 これは魚以外の食材からの摂取方法を探す動きが活発です。

 

エゴマや紫蘇も注目されていますが、キヌアは素材としても野菜としても使える便利さのために、有用性が特に高いことが分かります。 おかゆの材料になると同時に、チアシードもサラダのアクセントにもなります。栄養が豊富でありながらも、豊穣な旨みも楽しめる食材です。

 

白米に混ぜたものは、おにぎりにして食べても美味です。 カレーのご飯として利用すれば、不足しがちな栄養を包括的に補えます。 キヌアは南米のペルーに伝わる植物ですが、サラダだけでなく日本の和食とも無難に合う特性を持っています。

 

GABAA受容体にはベンゾジアゼピン結合部位以外に、バルビツール酸誘導体が結合するバルビツレート結合部位があります。